たもつの『趣味悠々』

tamotu2525.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:熊野古道( 13 )

熊野古道 八鬼山越え道を歩く

2013年2月2日


 先日、熊野古道 八鬼山越え道をウオーキングしてきました。

行きは、登り口から途中で出合う林道まで、いにしえの旅人が往来した石だたみを散策しながら上って行き

帰りは、ひのきに覆われた林道を森林浴しながら気分爽快、楽しいウオーキングができました。

所用時間は、休みながらてくてく歩いて約1時間30分でした。


 八鬼山越え道 歩く


d0154609_14221872.jpg

八木山林道(右)から左手の八鬼山越え登り口を入ります。


d0154609_1425404.jpg

朝の木漏れ日を浴びながらひのきの林を歩くのも最高です。



d0154609_14294396.jpg



d0154609_14303282.jpg

これは、行き倒れ巡礼供養碑です。八鬼山道には、四基の行き倒れ巡礼碑が残っています。行き倒れ巡礼者を地元民が手厚く弔い建てたものです。



d0154609_19345044.jpg

この石畳道は、施工当時の面影をよく残しています。



d0154609_19371941.jpg

尾鷲市街が遠くに見えます。


d0154609_19383892.jpg



d0154609_19392872.jpg

石だたみが続きます。



d0154609_1940455.jpg

これは、八鬼山の「町石」で道端に1町(約109m)ごとに立てた道標(みちしるべ)です。現在33体(地蔵尊)残っています。


d0154609_19485241.jpg

この広場は、「籠立場」と呼ばれ、紀州藩主や巡見使などが街道を通行するとき乗っている籠を止めて休憩した場所です。


d0154609_19545651.jpg

このひのきの大木は、樹齢300年と推定されています。


d0154609_19565814.jpg

ひのきの中間です。


d0154609_1958566.jpg

ひのきの先端です。


d0154609_19585833.jpg

登り始めて40分、林道に出ました。八鬼山越えは直進ですが、ここから右手の林道を下ることにしました。


d0154609_2031998.jpg

林道もひのきに覆われ森林浴を楽しみながら軽快な足取りで元の場所に帰りました。


ご訪問いただき、ありがとうございます。
励みになりますので、ランキングUPに「ぽちっ」↓ とご協力を
040.gif

ただ今、にほんブログ村 【三重県情報】人気ランキングに参加中!、チェツクはここから・・・049.gif
[PR]
by yahamatamotu2525 | 2013-02-02 20:10 | 熊野古道

新緑と石段坂

2012年6月23日


  熊野那智大社のアジサイ園が、6月14日から一般開放されたことを新聞で

知り17日(日)朝8時30分に家を出て途中、熊野市飛鳥町小阪のササユリ

の里に立ち寄り見ごろのササユリを撮ったあと、一路那智勝浦町にある熊野那

智大社へ行ってきました。

那智大社・青岸渡寺にお参りをしてからアジサイ園~熊野古道~那智の滝~湯

川温泉へと一巡りしてきました。


  古道急な石畳


 青岸渡寺から那智の滝に至るいにしえの石段と新緑がよくマッチしており、その光景をじっくり味わってきま

した。この急な石段の古道は、鎌倉積みの原形をそのまま残っているようです。


d0154609_1725574.jpg

新緑に覆われた古道。


d0154609_1726138.jpg

巨木の杉並木が続きます。



d0154609_17262995.jpg



d0154609_17265659.jpg



d0154609_17271063.jpg



d0154609_17273048.jpg



d0154609_1728123.jpg



d0154609_17281925.jpg



d0154609_1728372.jpg



d0154609_1729156.jpg



d0154609_17292141.jpg



d0154609_1729488.jpg



d0154609_17301421.jpg

次回は、滝特集をアップします。


ご訪問いただき、ありがとうございます。
励みになりますので、ランキングUPに「ぽちっ」↓ とご協力を
040.gif

ただ今、にほんブログ村 【三重県情報】人気ランキングに参加中!、チェツクはここから・・・049.gif
[PR]
by yahamatamotu2525 | 2012-06-23 17:34 | 熊野古道

おわせ海、山ツーデーウォーク、やのはま道でおもてなし

2010年11月20日

やのはま道ウォークの記録

きょうは、矢浜公民館と町おこし実行委員会(委員長北村憲史郎)のみなさん16名(男性5名、女性11名)

が、やのはま道をウォークする人たちのお接待を、早朝から午後4まで、させて頂きました。小生は、記録を担

当。

今日は、好天に恵まれ308名の参加者が、やのはま道を歩きお接待を受け、楽しいウォーキングになった

ことと思います。

d0154609_2002828.jpg
速歩で歩く参加者。矢浜町入口で。
d0154609_2022336.jpg
袖かたし橋(旧熊野古道に架かっていた石橋)の前を行く参加者。
d0154609_205017.jpg

庚申塚を左折して「やのはま道」に入りました。

d0154609_2073527.jpg

天台烏薬のある道を行く子供たち。

d0154609_2091227.jpg
矢浜公園でお接待。
d0154609_20101024.jpg
参加者にもてなしをする町おこし実行委員のみなさん。
d0154609_2012961.jpg
矢浜公園でぜんざいを頂いて一休み。
d0154609_20142678.jpg
もてなしぜんざいは、大好評でした。
d0154609_2016656.jpg

d0154609_20162316.jpg

d0154609_20163916.jpg
公園をあとに、ゴール(熊野古道センター)めざして行きました。
d0154609_20192220.jpg
尾鷲小学校五年生78名も元気にゴールめざして公園をあとにしました。
d0154609_20225785.jpg

d0154609_20232547.jpg
やのはま道終点の宝筐印塔前を左折して、ゴールめざしてがんばって行きました。
[PR]
by yahamatamotu2525 | 2010-11-20 20:36 | 熊野古道

NHKが熊野古道 やのはま道をロケ

2010年10月15日

 NHK衛星放送の「街道てくてく旅ー熊野古道をゆく」のロケが、

今日、午前中、尾鷲市矢浜で森上さんが、「やのはま道」を歩き、

その撮影が行われました。

 放送は、18日月曜日、午前8時から15分間の予定です。

d0154609_1581235.jpg

 ロケ班一行は、昨日、三木里から八鬼山を越えて尾鷲入りし、今朝、八鬼山登山口より矢浜に入りました。

d0154609_15132429.jpg

元プロテニス選手の森上さんを先頭に矢浜の番太坂を上がってきました。

d0154609_15171085.jpg
宝筐印塔横の横断歩道を渡り
d0154609_15203861.jpg

矢浜公園に入りました。

d0154609_15214686.jpg
矢浜公園でグランドゴルフをしていた人たちの出迎えを受ける森上さん。
d0154609_15241513.jpg
グランドゴルフの方から、手ほどきを受けて玉を打ち、ご満悦の森上さん。
d0154609_15463291.jpg

d0154609_15471897.jpg

d0154609_15272339.jpg
グランドゴルフを後に、やのはま道を前進しました。
d0154609_15301748.jpg
沿道の住人から歓迎を受ける森上さん。
d0154609_15315449.jpg
やのはま道を歩き終えました。
d0154609_15334585.jpg
次の馬越峠を越えて紀北町海山区便ノ山へ向かって行きました。
[PR]
by yahamatamotu2525 | 2010-10-15 15:49 | 熊野古道

熊野古道 大門坂

2010年8月23日

大門坂
 世界遺産、熊野古道の中でも最も古いと言われる大門坂は、高低差50m、距離640m、約350段の石段が続く熊野那智大社への参詣道です。
 写真は、昨年3月に大門坂を歩いた時のものです。
d0154609_11131737.jpg
大門坂登り口
d0154609_11143355.jpg

鳥居をくぐり俗界との境界の橋である「振ケ瀬橋」を渡り、聖地に入ります。

d0154609_11183894.jpg
樹齢800年の夫婦杉。
d0154609_11201536.jpg

d0154609_11213093.jpg

少し登った右側に「多富気王子跡」という大きな石碑がありました。

d0154609_1125641.jpg
樹齢800年の楠大樹。
d0154609_11303917.jpg

杉並木に囲まれた石畳みの古道。

d0154609_11331318.jpg

d0154609_11335997.jpg
いにしえの平安衣裳を着て歩いている女性に出会いました。
d0154609_1138774.jpg
いにしえのムード満点でした。
[PR]
by yahamatamotu2525 | 2010-08-23 11:44 | 熊野古道

熊野詣と曼荼羅

2010年8月14日

 熊野古道センターの常設展示室には、熊野詣りについての貴重な資料が展示されています。
その一部分を撮ってきましたので、お届けします。
d0154609_15482793.jpg

d0154609_1549728.jpg

d0154609_15493441.jpg

d0154609_15503385.jpg
天保14年(1843年)に西国を巡礼した時の笈摺(おいずる)。
d0154609_15562127.jpg
巡礼した時のいにしえの道具。
d0154609_15584684.jpg

左 くまの道と刻まれた道標。

d0154609_161194.jpg

d0154609_1613749.jpg

d0154609_1622264.jpg

d0154609_163355.jpg

d0154609_1642667.jpg

d0154609_1645533.jpg

d0154609_1652384.jpg

d0154609_1655421.jpg

d0154609_1663284.jpg

d0154609_167585.jpg

厳しい山岳修業する修験者。

d0154609_16104171.jpg

 人々の安全を守っていた修験者。

[PR]
by yahamatamotu2525 | 2010-08-14 16:17 | 熊野古道

熊野古道 やのはま道 特集 その5(最終回)

 2010 7月19日 
d0154609_10395346.jpg

 これよりやのはま道巡回コースに入ります。

d0154609_10441249.jpg
直進してから左折します。
 d0154609_10461515.jpg

 矢浜公園沿いに進みます。

d0154609_10475095.jpg

季節の花が見られます。

d0154609_10495694.jpg
直進します。
d0154609_10511025.jpg

この場所は、「浄土」と呼ばれ、「宝筐印塔(ほうきょういんとう)」が祀られています。

d0154609_111918.jpg

 この宝筐印塔は、今から約700年前、南北朝の争乱で敗れた南朝の後醍醐天皇の子孫である「桂城宮綴連王重信親王」の供養塔です。昭和48年に尾鷲市の指定有形文化財に指定されました。

d0154609_11133375.jpg

d0154609_11141122.jpg
宝筐印塔から矢浜街道を北の方向に進みます。
d0154609_11171934.jpg
矢浜(矢浜村)には、もと林光庵、高声寺、円通寺の三カ寺がありましたが、明治9年(1876年)1月に合併して、三仏山永昌寺となりました。
d0154609_11255050.jpg

これは戦没者慰霊碑で、日露戦争で戦死した地元、矢浜のかたがた(4名)が、祀られています。この慰霊碑は、明治40年(1907)に建てられました。

d0154609_113446100.jpg
やのはま道巡回コースは、矢浜公民館で終点です。万歩計では、延べ2,065歩、1、240mです。てくてく歩いてやく30分、ゆったり見学すれば、1時間~1時間30分です。一度あなたも歩いてみませんか、お待ちしております。
[PR]
by yahamatamotu2525 | 2010-07-19 11:52 | 熊野古道

熊野古道 やのはま道 特集 その4

 2010 7月18日

d0154609_13304125.jpg
 少し進むと左に「灰がま」がありました。
d0154609_13334516.jpg

この「灰がま」は、作られてから100年以上たっているそうです。
農家では、この「灰がま」でごみや草などを燃やし、できた灰は、畑の肥料などに利用していたようです。

d0154609_13403789.jpg

 灰がまを興味深く見学する子供たち。

d0154609_13432619.jpg

最近までこんな「灰がま」もありましたが、今は取り壊されてもう無くなりました。

d0154609_13471725.jpg
道沿いの花や農作物を見ながら進みます。
d0154609_135097.jpg

この石垣は、屋敷を取り巻いた境界に作られ、矢浜ではよく見られます。
 
この石垣は、全国版の「旅写真集」に取り上げられました。

d0154609_141133.jpg
 石垣を触りながら熱心に説明を聞き入る子ら。
d0154609_1444155.jpg

d0154609_1452839.jpg
古道をさらに直進して右折します。
d0154609_1471747.jpg

d0154609_1481148.jpg
熊野古道は、ここまでです。前面は矢浜公園です。矢浜入口の道標からここまで、万歩計は、671歩、402mでした。

 古道は、これからやや真っ直ぐ八鬼山の方に向かってありましたが、昭和38年に工場立地で無くなりました。
d0154609_142011.jpg
真正面の山が八鬼山です。石碑は、熊野古道が世界遺産に登録された記念に、平成16年7月、矢浜公民館、成人学級の有志で設置したものです。八鬼山の稜線が、石碑とよく似ていると思うのですが?気のせいかなぁ、、、、
[PR]
by yahamatamotu2525 | 2010-07-18 14:41 | 熊野古道

熊野古道 やのはま道 特集 その3

 2010 7月17日
d0154609_943348.jpg

 小林さん宅を右折します。
 ここからは細い小路に入り直進します。

d0154609_9491518.jpg

 左側に「天台烏薬」の垣根があります。真正面の山は八鬼山です。
天台烏薬は、中風の薬、健胃薬にするようです。また、お茶も作られています。
 今から約2,200年前、秦の始皇帝から不老不死の薬を探すよう命じられた徐福は、その薬を求めてこの熊野の地(上陸地は新宮、波田須)にやってきて、「テンダイウヤク」を見つけた。という伝説は、今も残っています。この道を南へ直進します。

d0154609_1031413.jpg
なお直進して右折します。
d0154609_1037272.jpg

 ここは、雁木と巽(たつみ)井戸と農業郷土館?について案内します。

d0154609_10431698.jpg

屋根のひさしを見てください。ひさしのところ横板が張られています。これを雁木(がんぎ)といいます。
これは、雨や風が家の中に入らないように工夫されています。矢浜には雁木のある家が、33軒(S17年調査による)残っています。
 巽井戸は、母屋から辰巳の方角に作られています。矢浜では、巽井戸のある家が44軒残っています。

d0154609_1165681.jpg

 北村さん宅の中に入り、北村さんが収集した農機具を見学する子供たち。

d0154609_11162973.jpg

d0154609_11181943.jpg

d0154609_11202650.jpg
子供たちは、まるで農業資料館のようと喜んでいました。
[PR]
by yahamatamotu2525 | 2010-07-17 11:26 | 熊野古道

熊野古道 やのはま道 特集 その2

 2010 7月16日

 d0154609_1131154.jpg

 矢浜入口にある「むさしや」さん一帯から縄文時代の遺物が、出土しています。

d0154609_11392353.jpg

遺跡を見学に訪れた子供たち

d0154609_1144530.jpg
むさしやさん宅の裏畑から出土した遺跡。
d0154609_1148636.jpg

 むさしや遺跡は、縄文時代の中期(約4000年~5000年前)から後期(約3000年~4000年前)の土器片、石器(石皿、たたき石、すり石、石棒)などが出土しています。

d0154609_11573631.jpg

d0154609_11575876.jpg

d0154609_11583842.jpg
むさしやさん宅の裏畑で縄文遺跡を探す子供たち。「アッタ!有りました。それらしき矢じりが見つかりました。
d0154609_1241028.jpg

 これより熊野古道に入ります。

d0154609_1253981.jpg
古道は、現矢浜街道ではなく、庚申さんから左折します。
d0154609_1285918.jpg

 中電火力の方向に進みます。

d0154609_1210399.jpg

左の井戸は、100年以上前の物で、今でも使われているようです。

d0154609_12111912.jpg

[PR]
by yahamatamotu2525 | 2010-07-16 12:14 | 熊野古道

このブログは、わたくしが日々撮影したものを綴っていくフォトグラフ集です。


by yahamatamotu2525
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30